婚活デートでおすすめの見極め方法

お誘いの段階から相手を選びデートも相手を知る機会

上から目線で誘ってくるような人は、亭主関白で押さえつけられたような状態で結婚生活をおくる事になるのではないかと思ったからです。
そのような状態になると自分らしさを出して生活をすることが出来ませんし、毎日苦しみを味わう事になりそうで不安でした。
段取りが悪い人をお断りした理由は、決断力にかける人は何かあった時に頼りにならないという不安があったからです。
亭主関白なのは困りますが、夫になる人にはある程度頼りがいを求めたかったので、段取りの良さなどから相手を判断させてもらいました。
お誘いの時点から判断するのは時期早々ではないかという思いもありましたが、合わないと思う人とは結婚したくなかったので自分の判断が揺らがないように決めました。
お誘いの時点から相手を見極めていくのがおすすめな方法ですが、そこからデートに進展をして一緒に出掛けることになっても、一緒にいる時間を無駄には出来ません。
相手がどんな人なのかを知らなくてはなりませんので、出来るだけ一緒にいる時間を長く持つのもおすすめです。
仕事が終わった後に夕食だけ一緒に食べるというのもいいですが、それだけの時間で相手の事を知るのは難しくなります。
丸一日一緒にいる事によって、相手がどんな性格なのかもわかると思ったので、デートはお互いの休日の日に行う事にして朝早くから会う事にしました。
休日の朝早くからとなると、相手が朝に強い人なのかもわかりますし時間を守る人なのかもわかります。
そして食事に関しても一度一緒にするだけではわかりませんので、昼食と夕食を一緒に食べる事にしました。
もしかすると食べ方が汚い人だったり、食べ物の好みにうるさい人だと大変です。

本気で婚活をすると決め周囲にもアピールお誘いの段階から相手を選びデートも相手を知る機会デートは相手を見極めるための時間と考えて真剣に接する

婚活 / 33歳、婚活